スタッフ住宅相談ブログ

ほぼ9割の人がする質問『いくらくらい?』

みなさん、こんばんは!!
ヨーコ先生だよ!!←結構気に入ってるw

今日は住宅ローンの相談でよくある質問についてお答えしたいと思います!!

そっくりな弟姉で運営してる家づくり情報センター中津です。
(家づくり情報センター中津てどんなとこ?て方はこちら→家づくり情報センターの個性(強み)

家賃くらいの支払いだと、いくら借りれますか?

ほとんどの人が、家を建てる前って賃貸なので、
住宅ローンの支払いを考える時って現在払っている家賃が基準になりますよね。

一番ピンとくるもので考えるのが一番いいと、私も思います。

「今の家賃と同じくらいならどれくらい借りれるんだろう?」

「建てたい家の金額を借りたら、毎月いくらの支払い額になるんだろう?」

家を建てる時にお金の心配をする時、一番知りたいのはそこだと思います。

ということで・・・

こんな一覧表を作ってみました!

fullsizerender

(これ、いる人にはコピーしてあげますから来店時に言ってくださいねー!)

左側が、
月々の支払い額に対しての支払い総額。

右側は、
年収に対しての借りれる額。
(他に借入がない場合)

自分たちが払っていける目安を知っておく

左の表を見て、

現在の家賃と同じ返済額だとどれくらい借りれるのか。

もしくは、いくら借りたら月々いくらの返済額になるのか。

35年間の総額を考えて何千万…なんて考えてもピンとこないですよね。

なので、毎月いくらなら払っていけるのかというふうに、生活にリアルに連動させて考えるようにしてくださいね。

借りれる額と返せる額は違う

よく言うでしょ?

借りれる額と返せる額は違うって。

右の年収から計算した借入可能額と

左の月々の支払いからみた借入額を自分の家計で考えてみてください。

年収400万円で、現在家賃が10万円の家庭だとしたら。

年収から見ると借入可能額は、   38,100,000円。

月々10万円の支払いで計算すると、  32,660,000円。

550万の誤差が出てきます。

3810万円を返済していこうとしたら、月々の支払いは約117,000円。

この17,000円の差額が無理なく払えればいいのですが、

年収が一緒でも、家族構成や生活状況は家庭が違えば全く違うと思っていいくらい違います。

子供が一人なのか二人なのかでも将来かかるお金は全然違ってくるし、

旦那さんのお仕事がサラリーマンなのか自営業なのかでも将来のマネープランは全く違ってきます。

「みんなはどうなのか?」は当てにならない情報です。

この仕事をしてて思うこと。

住宅ローンを考える時も、生命保険を考える時も、

世間の平均的な情報、友達がどうしているかって言う情報は、当てになりません!

私はそう思います。

「同じくらいの年収の友達が家を建てたから私も大丈夫。」

「この年代の人はだいたい◯◯円くらいの保険に入ってる。」

周りを見て予測を立てる人が多いのですが、これ、危険ですよ。

さっきも書きましたが、家庭によってマネープランは全くと言っていいほど違いますからね。

なので、
自分の家庭はどんな状況で、
将来どうなる予測だから、
住宅ローンはこうするのが最善だ!
と安心してお家を手に入れて欲しいと思います!!

家づくり情報センター中津は、

そんなお手伝いをやってまーす( ´ ▽ ` )ノ



お申し込みはこちらからどうぞ!!→申し込み

大分県で1位になりたいのですw
ポチッとお願いします♪
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

家づくり情報センター中津 
〒871-0024 大分県中津市中央町2丁目2番8号
TEL0979-64-6818
FAX0979-64-6819
E-mail:  info@fp-owl.co.jp
yoooko.t@fp-owl.co.jp

459(681)
マスコットキャラクター セバスちゃん

お店のfacebookページあります。
いいね!お願いしまーす♪
↓ ↓ ↓
家づくり情報センター中津

タカセヨーコが知りたい方は…

*こんなブログも書いてます*
 豊前市 中津市 初心者からのデジタル販促アドバイス ヨーコのブログ

★Twitterもやってます★
https://twitter.com/yoooko_924

☆Facebookもやってます☆
https://www.facebook.com/yoko.takase.58

☆instagram、2つやってます☆

犬バージョン YOKO.REOREIMAHALO
脳内バージョン yoko.takase

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る